Oxygen Barアロマ酸素バー

アロマ酸素バーとは、

アロマの香りと90%濃縮酸素を専用鼻チューブで吸引する画期的なシステムです。現代人の酸素不足を解消し、アロマとの相乗効果で、 美容と健康、そしてリラクゼーション作用をもたらします。

【酸欠度チェック】

☑あくびがよく出る
☑目が疲れやすい
☑日中眠くなることが多い
☑お酒をよく飲む、二日酔いになりやすい
☑ダイエットしても痩せにくい
☑集中力や記憶力が低下している
1つでも当てはまると、『酸素不足』かもしれません。

【酸素とは・・・】

私たちの身体は約60兆個の細胞から出来ています。そしてその60兆個の細胞全てが酸素をエネルギーとして活動をしています。そのため、人間は食物なしで週数間、水なしで数日間生きることができますが、酸素なしでは数分も生きることができません。

■身体と酸素
私たちの細胞の中にある小器官のひとつミトコンドリアは、細胞全体の10~20%を占め、生きるために必要なエネルギーをつくり出しています。ミトコンドリアの活性には、三大栄養素『炭水化物』『たんぱく質』『脂質』だけでなく、『酸素』が欠かせません。

■酸素の役割
人間を含め多くの生物は酸素を吸って生命活動(呼吸)をしています。酸素は生物が生きて活動するために必要なエネルギーを細胞内のミトコンドリアで作り出すいわば燃料です。そのために酸素は生命にとって不可欠な分子なのです。肺から吸い込んだ酸素はヘモグロビンの鉄分と結びつき、血液によって全身の細胞にくまなく運搬されます。そして細胞内のミトコンドリアで体内に摂取された糖や脂肪、タンパク質などの栄養素が燃焼(代謝)され、エネルギーとなります。酸素がなければエネルギーが生み出されず、人は生きることができません。酸素の供給量が不十分だとエネルギー不足に陥ってしまいます。また、体内の酸素が3%足りないと、1日の3分の1を無呼吸で過ごしているのに等しいといわれています。

【現代人は酸素不足?!】

■大気汚染、環境悪化で酸素不足
大気の酸素濃度は、100年前は24%だったものが、現在では約21%にまでなっているそうです。原因としては大気汚染や海洋汚染、森林伐採などではないかと考えられています。住居の環境としても機密性の高い家屋が多くなったため、まめに換気を行わないと屋内が酸素不足になりやすい状態になっています。過密都市の場合、特に高層ビル・地下鉄など19%近くまで低下しているといわれています。

■運動不足による酸素不足
現代人の生活環境はデスクワークが増えたり、交通の便利な世の中になり、あまり歩いたり動いたりしなくなり、運動不足になりがちです。人間や動物は、歩いたり動いたりすることによって体の機能を保てるようになっています。運動不足になれば心肺機能が低下し酸素を取り込む力が低下してしまいます。運動不足は、血行も悪くなり酸素や栄養の供給がされにくくなります。

■ストレスによる酸素不足
不安やストレスを受けると、体が緊張し呼吸が早くたり浅くなったりしてしまいます。
呼吸が浅くなると、空気中から十分な酸素を取り込むことができなくなってしまい酸素不足となります。

■貧血による酸素不足
呼吸により肺に取り込まれた酸素は肺胞で小さくされ、最終的に酸素分子の形でヘモグロビンに結合して赤血球として血管を通り、体の隅々に酸素が届きます
赤血球やヘモグロビンは酸素を体に取り込み、体全体に届けるために必要ですが、貧血になるとこれらが少なくなるので十分に酸素供給ができなくなり、酸欠状態となります。

【酸素の5大効果】

➀ ダイエット効果
体内には「リパーゼ」という脂肪分解酵素があります。このリパーゼの働きを活発にさせるためには酸素が不可欠だからです。酸素補給によって、血液中に取り込まれる酸素量が増える結果、リパーゼの働きが活発化します。逆に体内の酸素が不足するとリパーゼが活発に働かず、脂肪分解が残り、それが肥満や糖尿病などなるといわれています。
血中酸素濃度が1%高い状態で1ヶ月過ごすことは、毎日30分のウォーキングをするのと同様のダイエット効果があると言われています。

② 美肌効果
肌の張りやツヤを保つのに必要な成分で有名なのは、『セラミド』や『ヒアルロン酸』、そして『コラーゲン』です。コラーゲンは、さまざまなアミノ酸(主に「グリシン」「アラニン」「プロニン」)で構成されており、弾力を持つ繊維という特徴から、肌の弾力や水分を保つ働きをしています。これらのアミノ酸は、生成過程や新陳代謝を繰り返す際には大量の酸素を消費します。皮膚細胞に十分な酸素が供給されていると、代謝のサイクルが活発になり、コラーゲンの素となる大量のアミノ酸が生成されます。それによって、肌に潤いやハリ、肌のバリア成分がでてきます。

③ 疲労回復効果
疲労物質である血液中の乳酸を分解するためには酸素が必要です。乳酸は人間の生命エネルギーであるATP不足により蓄積されます。ATPは酸素を燃料として生成されるため、ATP不足は酸素不足といえます。酸素は乳酸を炭酸ガスと水に分解して体外へ排出されます。

④ 二日酔い予防・回復効果
肝臓は酸素を多く使う臓器で、アルコールが分解されるときには、たくさんの酸素が必要とされます。そのため体内の酸素が不足すると、アルコールの分解に時間がかかるのです。酸素が不足した状態で大量のアルコールを摂取すると、頭痛や吐き気、2日酔いの原因となるアセトアルデヒドが体内に残り続けてしまいます。そこで体内に酸素を取り入れることによって、アルコールの分解してくれます。高濃度酸素に関する実験結果によれば、高濃度酸素吸入した場合とそうでない場合の飲酒(ビール350ml)後の呼気中のアルコール濃度の時間変化を比べると、前者の分解時間が35分に対し、後者は65分かかったという報告があります。

⑤ 生活習慣病予防効果
不規則な生活や精神的なストレスが引き起こす高血圧や糖尿病、血行障害による認知症など、現代人には危険な生活習慣病が身近にせまっています。積極的に酸素補給することで血管の拡張が助けられ、ヘモグロビンの活動が促進し、血圧の安定・血糖値低下などの効果もあり、生活習慣病の予防につながります。
新聞発表された記事によると、高酸素濃度は痴呆患者の脳機能の活性化に効果があることを信州大学医療技術短大の藤原孝之教授らのグループが実証しました。臨床実験では、対象者50人に週5日、30分ずつ平地と同じ気圧で酸素濃度だけを約30%濃く設定した室内で過ごしてもらい、これを4週間続けた後、脳波を測定しました。その結果、一般に健常者に比べて低い周波数の成分が多いとされる対象者全員の脳波に、高い周波数の成分が増加し、健常者の脳波の状態に近づいたといいます。

脳の重量は全体重の2%と言われていますが、酸素の消費量は全身の酸素消費量の20~25%です。
それだけ、脳はたくさんの酸素を消費しています。
脳への酸素供給は、人間の生命維持にも不可欠です。しかし、その酸素は脳に貯めておくことができないため、常に新鮮な酸素を供給する必要があります。
脳が懸命に働こうとするとき(頭脳労働・暗記・勉強)は、よりたくさん酸素が必要です。脳への酸素をしっかり供給することで、脳は活発に働いている時のα波が出ている状態になると言われています。この状態は、集中力や記憶力が高まっていることを示しています。

一般的な環境(空気中の酸素濃度約21%)で学習した場合と、濃度30%の酸素を吸引しながら英単語の学習を行った場合と比較したところ、高濃度酸素を吸いながら学習したグループの記憶量が15%上昇したことが、代々木ゼミナールと名古屋工業大学の共同検証で明らかになっています。また、試験前と学習後に気分と疲労度についての主観VSA(Visual analogue scale) にて評価した結果、高濃度酸素を吸引しながら学習を行うことで、学習に伴う疲労感が軽減されることも示されています。

「全ての病気の原因は酸素不足が原因である」 by 野口英世博士

【アロマテラピーとは?】

アロマは 『芳香』 、テラピーは 『治療』 という意味です。
一般的には、精油(エッセンシャルオイル)を用いて、病気や外傷の治療、病気の予防、
心身の健康やリラクゼーション、ストレスの解消などを目的とする療法です。
精油を拡散して香りを楽しむことで、心と身体のバランスを整える方法です
精油成分を鼻や口から吸入することで、精油成分が鼻腔から入り嗅覚を刺激して、
信号として脳に伝わります。そして大脳辺緑系や視床下部に働きかけ、
感情や自律神経、ホルモン分泌に 影響し、気分をリラックスさせるなど
心と体にさまざまな影響を与え、リラックス&リフレッシュさせてくれます。

メニュー

アロマ酸素バー20分

初回のみ酸素吸入用チューブ代 ¥300頂戴いたします。

¥1,200    ご予約はコチラ

アロマ酸素バー30分

初回のみ酸素吸入用チューブ代 ¥300頂戴いたします。

¥1,800   ご予約はコチラ

※全て税抜価格で表示しております。

PAGE TOP